前へ
次へ

春と秋に訪れる求人募集の増える時期を狙う

年間を通して求人サイトや求人雑誌には多数の求人募集が掲載されますが、中途採用が国内で最も活発な動きを見せるのは、春の3月と秋の9月の時期です。春は新卒者の募集もあるので求人数が多いのは理解できても、なぜ秋の時期時も中途採用の求人数が増えるのかは、少し疑問に感じるかもしれません。一般的に企業では上期と下期で考えて動いており、4月と10月はその揮発を迎える時期です。そのため新卒者だけではなく中途採用の社員も視野に入れての採用活動に拍車がかかりますし、ちょうど年度の切り替えの時期でもあります。新規事業が始まったり、年度の区切りでの退職者が出る時期でもあり、不足人員を補うためにも求人を置く出す時期です。年に2回の求人が一気に増えるラッキーチャンスの時期ですが、新規求人はほかにも6月にも増えます。この場合は7月入社が前提であり、四半期の期初の時期に合わせて募集をかけるためです。社会人経験も長く豊かな人にとって、求人募集の多い時期の選択肢は広がります。

Page Top